Home » マイカー 鑑定 » 話題沸騰!中古車を売る時の残債について思うこと

話題沸騰!中古車を売る時の残債について思うこと

お車買取ショップに見積もり査定を依頼したはいいけど、分割金を完済できていない事もあるかもしれません。そんな際は、売りたいクルマの所有権がご本人なのか別の人であるのかどうかまずはチェックしておくことが必要となります。

実際のところ、所有者についてどの辺を見ると分かるかというと、「自動車検査証」に記載のある氏名がクルマの持ち主という事であります。

愛車を購入する際に銀行などのローン支払いを設定された場合だと、こちらの「車検証」に記載されているお名前がご自分の氏名になっているのですが、ローン支払いを組まれたのがクレジット会社である場合だとお名前がその会社の記載になるはずです。クレジット会社で分割払いを組む場合何故このように信販系の会社をオーナーとして記載するのかというと、それは返済が滞ったりしたら、スグに自動車を担保として確保することを考えている為です。

こんな事情で持ち主名義がローン会社となっているケースではそちらのお車を自分勝手に売り払う事は出来ません。どうしても売りたいならまずは支払いを全部終わらせるか、支払いローンの組み替えをすることで所有権者をご自身に変えた後で売り払うことが必要です。そうはいっても実際問題そうした事が可能なのは現在手持ちの現金がいっぱいある場合に限られてしまいます。だったら資金があまりない人はどんなやり方をするのがよろしいのでしょうか。

こんな場合は、審査をやってくれたお車買取店にご相談いただけると、くるまの売値から残りの支払い分をまかない、オーナーをご本人の氏名に変えてもらうことができます。手続きも全部買い取り専門店にお任せできるので大丈夫です。