Home » マイカー 鑑定 » 話題沸騰!中古自動車査定制度のことを考えてみた

話題沸騰!中古自動車査定制度のことを考えてみた

中古自動車の下取・買取時は、間違いなく査定をすることでしょう。査定というのは、売り手側から下取りや買取する際にきっちりした鑑定をするための工程であり、それをするためにはさまざまな人たちから容認され、さらに承諾されたやり方じゃないとダメなのです。なのですが、こちら側からすると、鑑定がどんな具合に行われているのかはっきりとは認識していなかったり、フェアな段取りでやられているかはなかなか知ることができなかったりもするものです。そうはいっても査定と申しますのはお車の額面を決める大変大切なプロセスですので、考え方やその方法に色んなものがあると社会がパニックとなる要因にもなる可能性があります。

そうしたカオスを起こさないためにも「日本自動車査定協会」という名の機関が存在し、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

日本自動車査定協会呼ばれるものは、適正な鑑定が行き渡るように取り組んでいる機関であり、我々が無事に査定に提出でき、しかも喜べるような結果となるシステム作りの動きをしています。

分かりやすい内容的には、例を出すとまっとうな査定士を増加させるための試験を実行しており、査定協会が実行している学科や技法の研修を受けてもらい、そののち査定士技能検定試験という試験に受かることで一定の技能を保有する査定士としての資格がもらえます。そうした上で査定士として働く為には協会への登録を済ませてからになり、まっとうな基礎的なものや規律をもってユーザーの愛車の評価をするのです。言い換えると適正な査定を行う為の資格を有している人間が鑑定をしますので、お客さんも安堵して買い取りまたは下取に出すことが可能となるわけです。