Home » マイカー 鑑定 » 話題の車売却とリサイクル料のいろいろ

話題の車売却とリサイクル料のいろいろ

車を処分するさいの手段というと買い取り、そして下取りのどちらかがございます。下取の場合というのは新しい車を買う際に今迄のお車を買受して頂くというものです。主にディーラーが引き取りをおこなうため価格のほうは割と低めに見られがちです。

もう一方の買い取りのケースはくるま買取専門ショップがするもので、ユースドカーとして販売することを前提に引き受けのプライスを決定するので、どっちかというと高目の買取が期待できるでしょう。どっちにしてもマイカーを引き受けてもらうことであり、、売り払う前に買取価格を決めるための値踏みがされることとなります。

値踏みをしてもらう場合気に掛かるのが「リサイクル料」です。くるま査定で提示されるプライスというのは自家用車それ自体の値段、ユースドカーについてくる自賠責保険とかリサイクル料等を入れた金額の二種類が御座います。リサイクル料に関しては車を手に入れた時、または「リサイクル料」が未納のときには車検の時に支払いとなりますので、先々自分のクルマのを廃車として解体処分する際に必要となるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などなどリサイクルする際の費用となって使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、解体処分する時に自動車リサイクルシステムから支払われるということとなります。

料金はだいたい、軽自動車で8000円くらい、国産車であれば10000円位、外国製自動車等だと1万5千円ほど、それ以外で2万円くらいを入金する必要があったりします。たいがいの車引取りですと、そうした「リサイクル料」をお車の引受価格とは別ということで引き受けされるというような事となるのですが、リサイクル料をいれて買取り額としている場合も有り、引受をお願いするケースでは先ずはチェックしておくことが大事です。