Home » マイカー 鑑定 » 話題のローンが残っている車の売却に関して

話題のローンが残っている車の売却に関して

クルマの買い取りのお店に評価をオーダーしたはいいけど分割金を払いきっていないという事もあるのではないでしょうか。そんな場合は、売却予定の自動車の所有権が貴方自身なのか他の人であるかについてまず確認しておく必要があります。

ホントのところ、所有権はなにを確認すると良いのかというと、「車検証」に記載されている名前の方が自動車の所有者という訳です。

愛車を購入した時に銀行などの分割払いを組んだケースでは、この車検証に記載されている氏名がご本人の名前になっている訳ですが、割賦払いを組んだのが信販系の会社であるケースではお名前がクレジット会社の名前となっております。信販会社で割賦契約を組む場合どういう理由でこんな形で信販会社を持ち主として記載しているかと言えば、その答えは返済が滞った場合、即愛車を差し押さえて確保することを考えている為です。

そんな事情により所有権が信販会社になっている時にはそのマイカーを好き勝手に売ることは無理なことです。どうしても売却したいならまず支払いを全て終了させるかローンの組み替えをしてオーナーをあなたの名前に変えてから手続きする必要があります。そうはいっても実際問題こうしたことが可能なのがその時の持っている資産がいっぱいあるケースに限定されます。ではキャッシュがあまりないケースではどうしたら望ましいでしょう。

こんな時には見積もり査定を行って下さった中古車買取り業者に話してもらえると、クルマの売却の金額から残債分を賄い、所有権者を自分のお名前に変えてもらうことが出来るという訳です。手続きの方も全てを買い取り専門店に任せることが可能なので大丈夫です。