Home » マイカー 鑑定 » 例の車売却とオークションについて思うこと

例の車売却とオークションについて思うこと

クルマを買い取って貰う段取りは、最近まではディーラー主体の下取か、中古車専門店への売却というのが一般的でした。新しい車を購入する新車販売店に下取を頼み、目当ての車を購入するという方がこれまでは多くいらっしゃいましたが、今はこの方法を候補に入れるって人はあまりいらっしゃらないようです。下取ですと、比べてみると高くなりにくいことが皆さんに知られてしまったことと、「Auction」に参入するという手段が知られるようになって来たからです。

ユーズドカー専門のオークションというものがあって、中古自動車販売店やその他ディーラーなんかもそうした所で売買をしていたりします。普通の人参加ムリですが、代行のお店を利用し、普通のお客さんだとしてもマイカーを「オークション」で譲渡が可能になりました。で、もう1つの方式の古い車専門のショップに対する売渡に関しましては、始めにクルマを車査定してもらい、納得の金額を示してもらえたなら商談が成立です。

ユーズドカーのお店は、そうして買い取ったクルマを自分たちで直して自分の店で売ったり、オークションに出したりなどします。どのようなやり方を選ぶかは人によりますが、どういったことを望んでいるのかによりベストなものは違ってきます。なんにせよ少しでも高額で買い取って欲しい、ってことであれば、オークションの代行の専門店に依頼するのが最高に高値で販売できるのではないかと思います。とは言っても安堵して買取して貰いたい、信頼の置けるショップに買い取って貰って、キレイに乗ってくれる人に売却希望ということであれば、新車販売店やユースドカー販売店のほうが安心できるでしょう。

代行専門業者にお願いした場合、販売されるまで保管代金を支払しなければなりませんので、買い取って貰うまでに時間がかかるとその分高くなるリスクがあります。古い車の販売会社なら買取する方が出てくる前にお金を受け取ることが出来るアドバンテージが存在します。