Home » マイカー 鑑定 » 例の買取や下取りの「リサイクル料」について調べてみた

例の買取や下取りの「リサイクル料」について調べてみた

所有車を売るさいの手順といえば下取りと買取りの両方がございます。下取のケースは新しい自分のくるまのをゲットする際、今迄の愛車を買い取ってもらうというものです。主には新車の販売店が引取りを行うため売り値のほうはやや低めに見られることが多いです。

一方で買取の方はくるま買取専門ショップが行っているもので、ユースドカーという名目で販売することを予定に引受のプライスを決めるため、どっちかというと高めの買い取りが期待できます。何れにしろ自家用車を売却することであり、売る前に買取り額を決めるための見積もりが行われることとなります。

査定をお願いする際に気になるのがリサイクル料になります。自動車見積もりで示される金額というのはそのお車それ自体の額、自動車に附随するリサイクル料や自賠責保険などいれた値段の2種類があります存在します。「リサイクル料」はマイカーを購入した時、若しくは「リサイクル料」が未納だった場合には車検を受けたさいに支払いになりますので、後に自分の車のを廃車にして解体処分する時に必要となるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などをリサイクルするときの料金となって使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、解体する時に自動車リサイクルシステムから払われることとなります。

代金は大体、軽で8000円程、国産車で1万円程、外車等で15000円ほど、その他で2万円ぐらいを納める必要があります。大半のユースドカー引受けでは、こういった「リサイクル料」を自分の車のの引受価格とは他として引き取られるというようなことになりますが、リサイクル料をいれて買取値段としているケースもあり、買取をお願いするさいには先ずはチェックしておくことが大切なこととなります。