Home » マイカー 鑑定 » 例の中古車買取とリサイクル料とのことだけどどうなんでしょう

例の中古車買取とリサイクル料とのことだけどどうなんでしょう

自動車を売り払う際の手段には買取、そして下取のどちらかが存在します。下取りの場合というのはおニューの自分のクルマのをゲットすると一緒にこれまでの自分の車のを買い取ってもらうというものです。たいていは販売会社が引受をするので金額のほうは割と低目になるケースが多いです。

もう一方の買い取りのほうはユーズドカー買取専門ショップがおこなっており、中古車として店頭に陳列することを予定して引取りの額を決定するため、どちらかといえば高値での引受が期待できます。どっちにしても自分の車のを売る事であり、売却をする前に買い取り額を決定するための審査がされることとなります。

査定をお願いする場合気に掛かるのがリサイクル料です。クルマ値踏みで出されるプライスというのはそのくるま本体の金額、愛車についてくるリサイクル料とか自賠責保険等々含めた価格の二つの種類が有ります。リサイクル料は中古車をゲットした場合、又は「リサイクル料」が未払いだった場合には車検を通した場合に支払いとなるもので、のちに自分のくるまのを廃車として壊してしまう場合に必要になるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などリサイクルする時の代金ということで使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、解体するさいにJARSから払われるということとなります。

料金は大体、軽自動車なら8千円ほど、国産車であれば10000円位、輸入車等で15000円くらい、その他で2万円くらいを入れる必要性が有ります。大半の自動車買い取りであれば、こういったリサイクル料を愛車の買取り値段とは別ということで引き受けされる事になりますが、リサイクル代金を入れて見積もり価格となっている場合も有り、買い取りを希望する場合に前もって確認しておくのが大事です。