Home » マイカー 鑑定 » 使用済みの自動車を処分するさいの手段のことを、当ページで可能な限り見ていきましょう

使用済みの自動車を処分するさいの手段のことを、当ページで可能な限り見ていきましょう

使用済みの自動車を売りわたすさいの仕方というと買取と下取りの両方がございますよね。下取りのケースはおニューのお車をゲットすると同時に今までの古い車を引き取ってもらうというものです。大抵新車ディーラーが引受を行うので買取プライスはわりと低目になることが多いです。

一方で買い取りのケースは自動車買い取り専門ショップがやっており、古い自動車として店頭に並べることを予定して買い受けの値段を決めるため、どちらかというと高目の買い取りが期待できるでしょう。いずれにしろ使用ずみの自動車を買い取ってもらうことであり、売却する前に引き上げ額を決めるための品定めがおこなわれることとなります。

診断を依頼する時に気になるのがリサイクル料となります。ユースドカー審査額で出してもらう金額としては自分のくるまのそれ自体の値段、車に付いてくる自賠責保険やリサイクル料といったものをいれた金額の二つの種類があります。リサイクル料については使った車を手に入れた時、又は「リサイクル料」が未納だったときには車検を通した際に支払いになりますので、のちに使用した自動車を廃車にして解体する時必要なシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等リサイクルするときの代金として使われます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、解体するさいに自動車リサイクルシステムから払われるということになります。

代金は、軽であれば8000円ほど、国産車の場合は10000円程、輸入車等で1.5万円位、その他で20000円ほどを納める必要が有ります。たいていのu-car引き取りでは、こうした「リサイクル料」をユーズドカーの買い取り金額とは別ということで買取されるというようなこととなるのですが、リサイクルの料金を含んで引き受けプライスとしてる場合も有り、引き受けを希望する場合にはあらかじめチェックしておくのが要されます。