Home » マイカー 鑑定 » 使用していた車を売り払う場合の手続きについてですが、ここらで可能な限り確認しておきましょう

使用していた車を売り払う場合の手続きについてですが、ここらで可能な限り確認しておきましょう

使った自動車を売りはらうときの仕方といえば買取、そして下取のどちらかが存在します。下取りのケースというのは新しい中古車を購入する代わりに今迄乗っていた中古自動車を買い取りしていただくというものです。殆ど新車の販売店が買取りをしますので売り値の方は割と低くなるケースが多いです。

一方、買い取りのケースは車買取専門店が行なっていて、使用ずみの車という名目で店頭に出すことを前提に引き受けの値段を決めるので、割と高プライスの買上げが期待できるでしょう。いずれにしろ使った自動車を引き受けてもらうことであり、引き取ってもらう前に引き受け価格を決定するための格付けが行われることとなります。

評定をおこなうさいに気に掛かるのはリサイクル料です。古い車の査定で提示される金額というのはそのユーズドカーそのものの価格、自分の車のに付いてくる自賠責保険とかリサイクル料等々含んだお値段の二種類が御座います。リサイクル料に関しては古い自動車を手に入れた時、もしくはリサイクル料が払われてなかった時には車検を受けた時支払いとなりますので、将来、使っていた自動車を廃車にして解体処分する時に必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などをリサイクルするための代金となって使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、壊してしまう際に自動車リサイクルシステムから支払われるということになります。

コストは大体、軽自動車なら8千円くらい、普通車の場合1万円程、外車とかで15000円くらい、その他で2万円程度をいれる必要性が有ります。大半の使った自動車買い受けですと、そういったリサイクルの代金をマイカーの買取金額とは他のものとして買い取られるということとなるのですが、リサイクル代金をいれて買取価格としてるケースもあり、買取りを望んでいる時には事前に確認しておくことが大切な事となります。