Home » マイカー 鑑定 » 使用していた自動車の買い受けは月賦払いが完済前だったケースでもいいんでしょうか?コチラにてチェックしましょう

使用していた自動車の買い受けは月賦払いが完済前だったケースでもいいんでしょうか?コチラにてチェックしましょう

クルマの買い取りのお店に品さだめをして頂いたのはいいけど、割賦払いを残したままであるといった事もあるでしょう。そんな事情では、その売ろうとしている使った車のオーナーがご本人であるのか誰かほかの人であるのかどうか最初に見ておく事が求められます

実際に、名義についてはなにを確認したら把握できるのかといえば、「自動車検査証」に書かれているお名前の方がその古い自動車の所有者ということになります。

車を手に入れた際に銀行が提供している自動車ローンを組まれた場合だと、この車検証に記載されている名前がご自分のお名前になっている訳ですが、その割賦払いを設定したのがクレジット系の会社であった際ですと氏名がその信販会社の記載になっている訳です。クレジット会社でローンを組む場合になぜこのような形でその会社を持ち主として記載しているかと言えば、その理由は返済が滞納したりしたら、すぐにくるまを担保として確保することを考えているからです。

そうした理由によって所有権がクレジット会社となっている際はその所有車を自分勝手に売却はできません。それでも売り払いたいなら先ずは残債をキレイに終わりにするかローンの設定し直しをすることでオーナーをご自分に変更した後で手続きすることが求められます。ですが、現実問題そういった事が出来るのは今現在手持ちのキャッシュがとても多い時という事に限られてしまいます。であるならば、キャッシュがない場合はどんな方法を取るのがいいのでしょうか。

そのような場合は、品定めをやってくれたユースドカー買取り業者に訳を話せば、中古の自動車の買値から残った支払い分を返済し、所有者のところをご自身の名前に直して頂くことができます。手続きの方も全部買取専業店にオマカセ可能なので安心です。