Home » マイカー 鑑定 » 使用していた自動車の買い上げプライスに事故歴はどれほど影響してきますでしょうか

使用していた自動車の買い上げプライスに事故歴はどれほど影響してきますでしょうか

使っていた車の売り渡しの方をオーダーしたさいは、初めに審査を受けることになります。そうした時の見立てに関しては買取ショップの担当者がおこなうわけですが、オークションマーケットの値段等から算出されるものとなります。

通常、u-carということで販売されている値段の2~3割位が買取の金額と言われていますが、好評な車だったり、珍しいくるまなどのときには予想以上の高プライスが出るなどの時もあるのです。その他、年式は新しければ新しいほどやっぱり高額となります。一方でそうした見積価格はその使った自動車が完全な状態の場合であって、完全ではない時だと低い査定となります。なかでも修復の跡なんかは見積金額にとても響いてきます。

修復歴といっても定義が微妙ですが、とりあえずお車の骨組みであるフレームにまで影響しているような事故を経験したクルマは事故車という事になります。こうした修復歴のある車はそのうちなにかしらの負の影響出現するという危うさが有るので、買取額においてはダメなものとされてしまいます。ですが、フレームの方にまで影響が無く、ボディを手直ししたくらいだったらならないですが、ですが修復歴はついてしまいます。

言うまでもなく修理歴はついてしまいますので良くない害はありますが、事故車に比べ低い見積となることはないです。あと、エンジンやギアなどにトラブルが起きているさいもマイナスに査定されますし、常日頃からの手入れの状況が買取額に関係してきます。

そのような部分は我々にはちんぷんかんぷんですが、評価をおこなっている専門業者はしっかりとそのあたりも確認してくるでしょう。

どちらにしても修理歴がないということが自家用車プライスを上げることができるかどうかのポイントになります。