Home » マイカー 鑑定 » 使用した車を売りわたすさいの進め方に関する事を、こちらでじっくりと確認しておきましょう

使用した車を売りわたすさいの進め方に関する事を、こちらでじっくりと確認しておきましょう

使用済みの車を処分するさいのやり方というと買い取りと下取りの2つがございます。下取りのケースというのはおニューの自分のクルマのを手に入れる際にこれまでの中古自動車を引き受けて貰うというものです。主として新車販売会社が引き受けをするため売値としてはどちらかといえば低くなるケースが多いです。

もう一方の買取りの方はマイカー買取専業店がやっているもので、お車という名目で店頭に並べることを前提として買上げ価格を決定するため、やや高額な引き取りが期待できます。何れにしてもクルマを引き受けてもらうことであり、売却をする前に買上金額を決めるための見積りが行なわれるわけです。

格づけを行うとして気になるのが「リサイクル料」です。使った車の格づけで出される額というのはその車そのものの額、自家用車に附随する自賠責保険やリサイクル料等々含んだプライスの二つの種類がございます。リサイクル料はその中古の車を入手した時、若しくはリサイクル料が未納だった場合には車検を通した場合に支払いとなるもので、将来、使用ずみの自動車を廃車として壊してしまう際に必要になるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などをリサイクルする時の代金という名目で使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、解体するケースで自動車リサイクルシステムから支払われるということになります。

その場合の料金は、軽なら8千円位、普通車だと約1万円、外国の車等だと15000円位、それ以外で2万円くらいを納める必要性があったりします。たいていの古い車買上であれば、こうした「リサイクル料」を使用ずみの自動車の引き取り価格とは別として引き取りされるというようなことになるのですが、リサイクル料をいれて引き受け金額としてる場合もあり、見積もりを頼む時まずはチェックしておくことが必要です。