Home » マイカー 鑑定 » 使った自動車を売却する時の手立てに関する事を、ここらでできる限り理解しておきましょう

使った自動車を売却する時の手立てに関する事を、ここらでできる限り理解しておきましょう

ユースドカーを売りわたす場合のやり方といえば買取と下取りというのが有りますね。下取のケースは次の中古車を購入する際、いままで乗っていた使用していた自動車を引き受けて頂くというものです。殆どは取扱店が引き取りをするため買い取り金額の方はどちらかというと低目になりやすいです。

逆に買取りの方は中古車買取専門店がおこなっていて、中古の自動車という名目で店頭に並べることを予定して買上の値段を決定するため、どっちかというと高プライスの買い取りが望めるでしょう。いずれにしろクルマを売却することであり、売り払う前に買い取り額を決めるための見積りがおこなわれることとなります。

格づけをしてもらうとして気に掛かるのがリサイクル料です。使っていた車の品定めで示される値段としてはくるまそれ自体の価格、中古車についてくる自賠責保険やリサイクル料というものをいれた金額の二つの種類が御座います。リサイクル料に関しては古い自動車を入手した時、または「リサイクル料」が未払いだったときには車検を通した場合支払いとなるもので、この先ユースドカーを廃車として解体処分するケースで必要になるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等リサイクルする際の料金となって使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、処分する場合にJARSから支払されるということとなります。

コストは、軽だと約8千円、国産車の場合は約1万円、輸入車等で1万5千円位、そのほかで2万円くらいをいれる必要性があったりもします。大半の使っていた自動車引き取りですと、そういったリサイクル料を使用していた車の買取金額とは別として買取られるという事となるワケですが、リサイクルの料金をいれて評価の値段としてるケースも有り、引受を希望する時にはあらかじめ確認しておくのが肝心です。