Home » マイカー 鑑定 » 今日は「中古車売買」のことだけどどうなんでしょう

今日は「中古車売買」のことだけどどうなんでしょう

ユーズドカーの買い受けの際は最初にその中古車査定を行います。車の型式や何年式かによって基本となる標準時の額面の目安をつかんでおきます。ここから更に状況が良くなかったら、査定金額を減らすなどの手順で処理を行っていくことでしょう。

標準状態の価格に関しては買い取る側で基本となる金額というものを保持しています。これについてはショップ間のみで回されているもので、その金額はその車と何年式かによって示されています。ではありますが、この数字はあくまで基準となる数字なのであり、それ以上の意味はありません。その上、その値段よりもより高く買取をされたりまたは安い価格で買い取られたりする可能性も当然ながらあり得ます。

買取店側からするとなるだけ低価格で買い取りたいわけで、その店舗にもよりますが基礎的な買い取り額を差し出したうえで、さらにロープライスな方向へ話をつなげようとします。売り手側としてはちょっとでも高プライスで手放したいので、このケースではしたたかに攻めていくのがいいと思います。もしくは、買い取りについてのプライスが合意できなかった際は一度保留し、話は休止状態とします。そうしてからほかの店舗とやり取り行うわけです。

ここでもし額面的に更に上げられて納得できたなら、前の業者とのネゴシエーションは破談となっても特に問題ないです。結局、売る側が納得できるように商談を進行させていけばイイって訳です。最も避けなければならないのは、急ぎ足で売却金額を結論付けてしまい、後で悔いるということです。金額は限りなく強気ないく方が悔やむことはないでしょう。