Home » マイカー 鑑定 » 今回は車売却とリサイクル料について

今回は車売却とリサイクル料について

自分の車のを売却する際のやり方といえば買取、そして下取があります。下取の場合というのはおニューの自家用車を入手する時一緒に前のクルマを買い取りしていただくというものです。たいていは取扱店が買取りをおこなうので買い取り額のほうはわりと低価格に見られる場合が多いです。

もう一方の買い取りのほうは車買取専業店が行っているもので、中古車として店頭に並べることを予定して引取りの額を決定するので、どっちかといえば高額の買い取りが望めるでしょう。何れにしろ車を売却することであり、売る前に引き取り額を決定するための鑑定がおこなわれます。

鑑定をお願いするさいに気に掛かるのはリサイクル料となります。クルマ鑑定で出してもらう金額というのはその自家用車それ自体の額、お車に付いてくる自賠責保険やリサイクル料などいれた金額の2つの種類があります。リサイクル料についてはお車をゲットした場合、もしくはリサイクル料が未払いの場合には車検を通した時支払われるもので、のちに車を廃車にして解体処分するさいに必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等をリサイクルする為の料金となって使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、解体処分する場合にJARSから支払われるということになります。

代金は大体、軽なら約8千円、国産車で1万円位、外国の車とかで15000円程、その他で2万円位を納める必要があったりします。多くのマイカー引き受けだと、これらの「リサイクル料」を自分の車のの引受け価格とは別で買取られるというような事となるワケですが、リサイクル代金を含めて引取り金額としてる場合もあり、買取を望んでいる時先ずはチェックしておくということが大切なこととなります。