Home » マイカー 鑑定 » 今回は中古車とオークションについて

今回は中古車とオークションについて

中古車を買い取って貰うやり方は、これまでは新車ディーラーでの下取、もしくは中古車取扱店への売渡が一般的でした。新しい車を買う新車ディーラーに下取を頼み、新車を手に入れるという方が昔は多かったようですが、今ですとその方法を選ぶお客様はあまりいないようです。下取のケースが、どちらかと言えば低価格になりがちなことが広く知られてしまったことと、オークションに行くといった方式が認識され始めている為です。

中古自動車メインのAuctionが開催されていて、ユースドカーの販売業者や販売会社もそちらで売ったり買ったりしているのです。一般の方は行くことはムリですが、代行のお店を利用し、一般の方でもお持ちの車を「Auction」で売ることが可能となっております。そして、もう一方のやり方である中古自動車専門のお店への譲渡に関しては、まずはクルマを鑑定してもらい、申し分ない売値を提示されれば契約成立となります。

ユースドカー販売業者は、そうしてゲットしたくるまをキレイにチューンナップして自社で商品にしたり、競売に出したりします。どんな手段をチョイスするかはご自由なのですが、いずれを目標にしているかにより適した方法は変わってきます。とにかく少しでも高額で買い取って欲しい、ってことであるならば、Auctionの代行業者に依頼するのが1番高額で引き取ってもらえる可能性が高いです。しかし安心して引き取って欲しい、信頼の置ける専業店に買い取って頂き、愛着をもって乗りこなしてくれる方に売却希望という事だったら、ディーラーや中古自動車専門業者の方が適しているといえます。

代行専門業者に依頼した場合、売れない限りはメンテナンス料を考えなくてはなりませんので、売るのに時間がかかるならそれだけ割高となる危険性があります。中古車専門ショップなら次のユーザーが見つかる前に売却額を手に入れることが可能であるといういい部分があります。