Home » マイカー 鑑定 » 今回はクルマを売る時の「査定」ってどうでしょう

今回はクルマを売る時の「査定」ってどうでしょう

マイカーの買い受けの際は、必ずその車の見積もりをおこないます。そのモデルといつのものかによって、基準となる一定レベルでのプライスの目安をつかんでおきます。これに比べもっと状態が悪ければ、金額をマイナスとするという順番で処理を行っていくこととなります。

通常時の金額の件については買い取る側で基礎的な金額というものを持っています。コチラについてはお店同士のみで流通しているもので、その金額は車の型式や年式から書かれているのです。とはいっても、あくまでもこの数字は基準となる数字なのであり、それだけの意味しかないものです。プラスして、その価格より高い金額で買取を行ったりそれとももっと安く買い叩かれたりの事だってどうしてもあるわけです。

買取店側からすると限界まで安い金額で引受けしたいので、ショップにもよりますが基本的な買取標準価格を提示したうえで、それよりもロープライスな方向へ話を振ろうとしてきます。売り手側としてはちょっとでも高プライスで引き渡ししたいですから、ここでの交渉では強気に話を振るのが成功の秘訣です。はたまた、売却に関しての値段が折り合わなかったのであれば一度保留し、そこで話をストップしておきます。そののち他の店舗と調整をやっていくのです。

もしここで金額が今まで以上に高値となり満足がいったなら、最初の買取店との調整は破談となっても気にしなくて良いです。即ち、販売側が納得がいくように交渉を進めていけば良いという訳なのです。一番回避したい状況は、あせって金額を決断してしまって、後から残念な気持ちを残すことです。値段については徹底的に強気でいく方が悔やむことはないでしょう。