Home » マイカー 鑑定 » 中古の車の買受けの金額に修理の跡といったものはどのぐらい影響してくるのでしょうね

中古の車の買受けの金額に修理の跡といったものはどのぐらい影響してくるのでしょうね

中古の車の引受けを依頼した時には、一番最初に値踏みを受けるのが順序です。その際の品評については買取り業者の担当者がすることになり、u-carマーケットの相場等から値段がはじき出されるといったわけです。

通常、ユースドカーということで売りに出されているプライスの2~3割位が買取プライスと言われているようですが、定評のある車種だったり、珍しい車種などのケースでは思った以上の高い値段がつくなどのときもあります。ほかにも、製造年は新しいほどもちろん高く売れます。他方、そのような買取金額はその使った車がパーフェクトな状態であり、万全じゃない時にはマイナスに査定されます。中でも特に修復の跡は買取額にとても影響してきます。

事故車とは言っても定義が微妙ですが、基本的には自動車の骨格であるフレームの部分にまで及ぶようなアクシデントを経験してしまったクルマは事故車となってしまいます。こういった修復歴のあるくるまはそののちなにがしかの悪影響が現れるリスクが有るので、査定額においては駄目なものとなってしまいます。とはいってもフレームにまで影響が無く、ボディを修復した程度であればなりませんが、修理歴は付いてしまいます。

勿論、修理歴はついてしまいますのでデメリットの影響があるのですが、事故車に比べて低い査定となることは無いでしょう。そのほか、変速機やエンジンなどに不具合が出ているときもマイナスとして審査されますし、常日頃の整備の良し悪しが買取額に関わってきます。

そういったところは傍目にはちんぷんかんぷんですが、品定めをしているショップはシッカリとその部分も見てきます。

どちらにせよ修復歴としては無いことが車鑑定額がに於いてはアップできるかどうかの条件となります。