Home » マイカー 鑑定 » 中古の自動車の見立てについては分割金が終了前のケースだったとしても大丈夫?チェックしていきましょう

中古の自動車の見立てについては分割金が終了前のケースだったとしても大丈夫?チェックしていきましょう

使っていた自動車の買い取り専門店に品評をオーダーしたはいいけど支払いを完済できていない事もあるかもしれないですね。こうした場合だと、売却予定のユーズドカーの所有権がご自身であるのか、別の方なのかをともあれ確認しておくことが必要です。

ホントのところ、名義はどの部分を確認すると分かるのかと言えば、「車検証」に記載されている名前の方がそのマイカーの名義の人という訳です。

くるまを購入する時点で銀行等が提供する分割払いを組んだ場合は、こちらの「車検証」に載っている名前が自分の名前になっているのですが、そのローンを設定されたのが信販系の会社だったケースでは名前がそこの名前となっております。信販会社で分割払いを組む場合なぜこんな風にその会社を所有権者として記載しているかと言えば、その理由としては支払いが止まったときに、ただちにくるまを担保として確保できるようにするためです。

そういった理由から所有名義が信販会社にある場合はそちらのおクルマを自分の都合で売ることはできないのです。とにかく売りたいならまずローンを残らず返済するかローンの組み換えによって所有権者をご本人に変更した後で売却する必要があります。ですが、実際そうしたことが可能なのが今現在お手持ちの現金が余りある時という事に限定されます。だったら資産が不足しているのであればどうすることが良いのでしょうか。

そんな際は格づけをしていただいたu-car買取店にご相談いただけると、中古自動車の売却額から残債の支払いの分をまかない、所有権者をご自身の姓名に変更して頂くことができます。手続きについてもすべて買い取り専門店にオマカセできますから心配いりません。