Home » マイカー 鑑定 » 下取、または買取の方法のケースではいずれの方がおすすめですか!?そのあたりに関して記していきます

下取、または買取の方法のケースではいずれの方がおすすめですか!?そのあたりに関して記していきます

不要車を売りたい時の手順には買取りや下取りといった方法が用意されています。下取はおニューのマイカーを入手した時点で、今まで乗っていた所有車のことを引き取っていただくものです。そのクルマが乗ることが可能な車だとすれば買値がつくわけですが、あまりにも古すぎる車であった際は逆に廃車費用を下さいと言われるケースだってあるでしょう。

下取に関しては、専業店が買取りするという訳じゃないですから、希望金額での買取りは出来ないでしょうけど、おニューのお車と交換のような形で乗り換えを可能な良い点があります。一方買い取りはといえば、それ専業のu-car買い取りの専業店に頼んで買取っていただくものです。手続きが分かりづらいなどのよくない点も有りますが、買い取りをされたくるまは使用した自動車として市場で取引されることがそもそも決定されていますので、割と望むような価格での引取りが望めるでしょう。

どちらの場合でも譲渡の時は必要書類を前もって準備しておくことが必要となるでしょう。どういったものが必要なのかというと、車検証の原本と自動車税の納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券があります。他にも実印と印鑑証明、住民票といったものも必要となります。

引受けの時は譲渡証明や委任状なども使うかと思いますが、これらは買取専業店が準備してくれるはずです。売渡を頼む側としては、車検証、自動車税納税証明、リサイクル券、自賠責保険証、住民票、実印あとは印鑑証明書を準備しておきましょう。審査の際もこれらが確認されるため、なくした際はまた発行していただくことが求められます。

もしも無くしていても見立て自体はして頂くことは出来ますが、すぐに買取りは出来ないため鑑定額に悪影響が生じる可能性もあります。