Home » マイカー 鑑定 » まさかの車買取、そしてリサイクル料のこと

まさかの車買取、そしてリサイクル料のこと

所有車を売るさいの手順としては買取、そして下取の両方がございます。下取の場合は新しい自分のくるまのを購入する代わりに古い車を買取して貰うというものです。大体新車の取扱店が引き取りを行うため売却額としてはどっちかというと低く見られる場合が多いです。

もう一方の買取りのほうはくるま買い取り専門ショップがするもので、ユースドカーという名目で売却することを予定して買取りの値段を決定するので、わりと高額の買取りが望めるでしょう。いずれにしろ自家用車を売る事であり、売却をする前に引取りプライスを決定するための値踏みが行われることとなります。

鑑定をして貰う時に気に掛かるのは「リサイクル料」です。ユーズドカー鑑定で提示される額というのはマイカー本体の値段、ユーズドカーについてくる自賠責保険とかリサイクル料などなど含んだ値段の2つの種類が御座います。リサイクル料に関してはクルマを手に入れたさい、もしくはリサイクル料が払われてなかったときには車検を受けた際に支払いとなりますので、将来、自分のクルマのを廃車として解体するさいに必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等々リサイクルする際の料金となって使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、解体処分する際に自動車リサイクルシステムから支払されることとなります。

コストは、軽であれば8000円ほど、国産車であれば1万円程、輸入車等であれば15000円程、それ以外で2万円位を入れる必要性があったりもします。だいたいのユースドカー引き受けであれば、これらのリサイクルの代金をクルマの買取価格とは別ということで引取られるという事になる訳ですが、リサイクル料を入れて引き受け価格としてる場合もあり、買取を希望するケースではまえもってチェックしておくのが大切なこととなります。