Home » マイカー 鑑定 » なんと!中古車売却と残債だそうな

なんと!中古車売却と残債だそうな

マイカー買取店に審査をお願いしたものの、ローンを払いきれていないという事も考えられます。そうしたケースでは、売るつもりの車の所有権が貴方自身なのかそれ以外の人であるのかを第一にチェックしておく事が必須です。

ホントのところ、所有者が誰かについてどの部分を見れば分かるかというと、「車検証」に記載されている名前がマイカーの所有者という訳です。

クルマを買う時点で銀行などの自動車ローンを組んだケースでは、こちらの車検証に記載のある氏名が自分自身のお名前になっているのですが、割賦払いを組まれたのがクレジット会社であった際はお名前がそこの名前となっているのです。クレジット会社で割賦契約を組む場合何故こういった形で信販会社を所有権者として記載するのかというと、その理由としては返済が滞納された場合に、スグに自動車を担保という形で確保することを考えているからです。

そんな事情から所有者名義がローン会社にある時にはそちらのクルマを好きなように売却は不可能です。どうあれ売却したいのであればまずは残債を全て終わらせるか、分割払いの組み替えをすることでオーナーをご自身に変えた上で手放す必要性が出てきます。そうはいっても実際にそういった事が可能なのは今持っている資産がたくさんある時に限られます。それではキャッシュがないのであればどういったやり方がよろしいのでしょうか。

そんな際は評価をしていただいたマイカー買取り業者に話してもらえると、くるまの売却額から残りの支払い分を完済し、所有権者を自分の名前に変更して貰うことができます。手続きについても全てを買い取りのお店にオマカセ可能ですから問題ないです。