Home » マイカー 鑑定 » どういうこと?車買取査定方法とのことだけどどうなんでしょう

どういうこと?車買取査定方法とのことだけどどうなんでしょう

古い自動車買い取りを頼んださいには、まず最初に査定を受ける事となります。その時の見積もりに関してはお店のの査定士おこない、オークションマーケットの相場等から算定されるものとなります。

普通は古いくるまということで販売されている値段の2~3割程が査定価格となっているようですが、売れ筋のクルマであったり、希少価値のある車などの場合には高い買取額がでるといったケースもあるでしょう。他にも、年式が新しいほど高い金額となります。ただ、こういった買取額はその愛車が完全な状態のときであって、万全ではない場合には値踏みは厳しくなります。その中でも事故の跡等は査定額にかなり響いてきます。

修理歴とは言っても定義が微妙ですが、基本的には自動車の基礎であるフレームにまで影響しているようなアクシデントを起こした車両は事故車として扱われます。そういった事故歴のある車はそののち何かしらの悪い影響が出てしまうという危なさがあるため、見積価格においては短所になるのです。その一方、フレームにまで影響しておらず、外装を直したくらいならならないのですが、でも事故歴がついてしまいます。

モチロン修理歴はついてしまいますのでデメリットの影響が有るわけですが、事故車に比べ低く査定されることは無いでしょう。ほかにも、エンジンなどに問題が出ている場合もマイナスとして審査されますし、日頃からのメンテナンスの状態が見積もりに関係してきます。

このへんはシロウトにはわからないところですが、見積もりをする買取専業店ではしっかりと状態を見てくるでしょう。

いずれにしても修理歴は無いという事が自分のクルマの鑑定額ががアップできるか否かの条件となってきます。