Home » マイカー 鑑定 » とうとうです、車見積りと必要書類について思うこと

とうとうです、車見積りと必要書類について思うこと

所有車を売却するケースにおいてのやり方としては下取りと買取りの手続きが存在します。下取りは新しい愛車を購入したと同時に、それまで乗っていた中古車を買い取っていただけるものです。それが走ることが出来る車であるなら値段がつくのですが、度を超えて古い車だったケースですと逆に処分の為の費用を要求される場合もなくはないです。

下取りは専門店が引受けする訳じゃないので、希望金額での引受けは厳しいかと思いますが、おニューの愛車と交換で乗り換えを可能といった良い点があります。逆に買取の場合は、専門でおこなっているクルマ買取ショップに頼んで買取をして頂くといったものです。その手続きが難しいといったよくない点も有りますが、引受けされた自分のくるまは中古車となって市場に出回ることがそもそも前提ですので、思っていたよりも高値での引受けが期待できるはずです。

買取、下取どちらも手続きの際は必要となる書類をまず準備しておくことが求められます。その必要書類ですが、車検証とクルマの納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券となります。ほかに実印と印鑑証明や、住民票なども必要です。

引受けの時には委任状や譲渡証明も使用すると思いますが、そのあたりは買取り業者で準備してくれます。買取りを希望するこちら側としては、自動車検査証、納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、住民票と実印および印鑑証明書を準備しておきましょう。値踏みの際もこれらがチェックが入るので、紛失のケースでは再発行していただく事となります。

もし仮になくしたケースでも値踏みそれ自体はして貰うことはOKですが、その場ですぐの引受けはできないため見積もり価格に悪い影響が出ることとなるでしょう。