Home » マイカー 鑑定 » とうとうです、日本自動車査定協会という機関のこと

とうとうです、日本自動車査定協会という機関のこと

中古の車の下取・買取時は、初めに査定をすることでしょう。この査定とは、お客様から下取りや買取する際に正当な見立てをするための処置であり、そのためにはさまざまな人たちから理解され、プラス認められた手続きでなければまずいのです。ただし、ユーザー側からしたら、鑑定がどうやって実施されているのかはっきりとは確認できてなかったり、キチンとした段取りで行われてるかどうかはなかなか把握することが出来ないものですよね。そうだとしても審査というものはマイカーの額面を決定するとっても重要な工程な訳なので、考え方やその方法に様々なものがあると社会がパニックとなる要因ともなる可能性があります。

そんな混乱を起こさないためにも日本自動車査定協会という機関があり、中古自動車査定制度を取り決めしているのです。

「日本自動車査定協会」という機関は、適正な値踏みが行き渡るように取り組んでいる協会であり、私たちが安心して値踏みに提出でき、加えて納得できる制度を構築する動きをしています。

分かりやすい活動の内容は、例を挙げるとしっかりした査定士を輩出する為の試験を実行しており、査定協会が行っている学科及びスキル研修というものを受けて、それから査定士技能検定試験という試験に合格することで一定の技能を保有する査定士としての資格が付与されます。更に査定士として活動するためには協会への登録が必要になり、しっかりとした基本的なことや責務をもって消費者のくるまの評定を行います。つまり適正な査定を出すための資格を有している者が査定を実施しますので、消費者も不安な思いをせずに買取とか下取に持っていくことが出来るわけなのです。