Home » マイカー 鑑定 » とうとうです、「車のリサイクル料」について

とうとうです、「車のリサイクル料」について

くるまを売り払うときのやり方というと買い取りと下取りの両方が御座います。下取りの場合というのはおニューの自動車を手に入れる際、これまでのユーズドカーを買い取りして貰うというものです。大概販売店が引き受けをすることになるため値段としてはやや低目になる場合が多いです。

他方、買取の場合にはクルマ買い取り専門ショップが行っているもので、ユーズドカーという名目で売ることを予定に買取り値段を決めるので、どっちかというと高額な引受が期待できるでしょう。何れにしろ自分の車のを売却する事であり、売り払う前に引取りプライスを決めるための審査がされることとなります。

値踏みをしていただくとして気に掛かるのはリサイクル料です。自動車鑑定で出してもらう額というのはそのくるま本体の金額、車に附随する自賠責保険とかリサイクル料等いれたプライスの2種類がありますあります。リサイクル料は愛車をゲットした場合、もしくはリサイクル料が払われてなかった場合ですと車検の場合支払いとなるもので、将来的にクルマを廃車にして解体する際に必要なシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などをリサイクルするときの料金となって使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、壊してしまうケースで自動車リサイクルシステムから支払われることになります。

代金はだいたい、軽自動車なら8000円くらい、国産車の場合は約1万円、外車等であれば1.5万円程、その他で2万円程度をいれる必要があります。大概のクルマ買取であれば、これらの「リサイクル料」をユーズドカーの引受け金額とは別として引き取られることになる訳ですが、リサイクル料をいれて買取り価格となっている場合も有り、引き受けを依頼する時まえもってチェックしておくことが大切です。