Home » マイカー 鑑定 » ついにきた、「ローン中の車売却」のことを考えてみた

ついにきた、「ローン中の車売却」のことを考えてみた

愛車の買取ショップに評定を頼んだものの、割賦払いを完済していないことも無くはないでしょう。そんな際には、売却しようとするクルマの権利がご自身であるのか、別な人なのかどうか始めに見ておく必要があります。

実際、持ち主についてはどの辺を見ると分かるのかと言えば、車検証に載っている名前の方がお車の所有者となるのです。

車を購入した時点で銀行等が提供する割賦払いを設定された際は、この車検証に書かれている名前が自分の名前になってるはずですが、自動車ローンを組まれたのが信販系の会社である時には氏名がそちらの名前となるはずです。信販会社でローンを組む場合にどうしてこんな形でその会社を持ち主として記載するのかというと、その答えとしては支払いが滞納されたときに、スグにクルマを担保という形で確保することを考えている為です。

このような訳で持ち主名義が信販会社になっている時にはそのマイカーを自分の都合で売り払う事はできません。どうあっても売却したいならまずは残債を全部終わらせるか、支払いローンの組み換えによって持ち主をアナタの名前に変更してから手放すことが必要です。ですが、実際にそういった事が出来るのはその時の持っている資産がとても多いケースになってしまいます。それでは資産が無い方はどういった方法を取るのがよろしいのでしょうか。

こうした場合は、買取査定をおこなっていただいたくるま買い取り専門店に相談すると、自動車の買取価格から残った返済分を返済し、所有権をご本人の姓名に変えて貰うことが可能です。手続きについても全部買取ショップにオマカセできますから心配ないです。