Home » マイカー 鑑定 » そうれ!中古車見積もり時の必要書類ってどうでしょう

そうれ!中古車見積もり時の必要書類ってどうでしょう

お車を売りたい場合における方法としては買取り、または下取といった手順が在ります。下取りに関しては、次の自動車をゲットしたと同時に、これまで乗っていた自分のクルマを引き取ってくれるものです。その時点でドライブが出来る状態だったら値段が望めますが、とんでもなく古いケースでは逆に廃車費用を必要とされることもあり得ます。

下取の場合は専門のお店が買取りするとはならないので、望むような価格での放出は難しいでしょうけど、新しいくるまと取り替えるような形で乗り換えが可能であるといった良い点があります。その一方買い取りですと、それ専業のくるま買い取りの専業店に頼んで買取っていただくといったものです。タイミングが難しいなどのよくない点もあるのですが、引き取られた自分の車は中古車となって市場で取引されることがもともと決まっている訳ですから、想像していたより高値引取りが望めるはずです。

買取、下取どちらも譲渡の場合には色々と書類を用意しておくことが求められます。その必要書類ですが、自動車検査証や自動車税納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証となります。更に印鑑証明と実印、住民票といったものも必要となります。

手続きの時は委任状と譲渡証明なども使用すると思いますが、これらについては買取ショップにて用意してくれます。買い取りを望んでいるコチラとしては、自動車検査証、自動車税の納税証明、リサイクル券と自賠責保険証、実印と住民票および印鑑証明書が用意すべきものになります。査定の時にもこれらが見られるため、紛失のときにはもう一度発行していただく必要がございます。

万一なくした場合でも鑑定それ自体は受けることは出来ますが、即日手続きは出来ないため鑑定額に良くない影響が出る場合もあります。