Home » マイカー 鑑定 » これは・・・車のリサイクル料に関して

これは・・・車のリサイクル料に関して

自家用車を売却するときの手段には買取と下取りというのが有ります。下取のケースはおニューの愛車をゲットすると一緒にこれ迄のクルマを買取していただくというものです。だいたいはディーラーが引受をすることになるため買取金額の方はわりと低目に見られがちです。

一方で買取りのほうはユースドカー買い取り専業店がしているもので、中古の車という名目で売る事を前提に引受けの額を決めるので、やや高プライスの引受けが期待できます。いずれにしろ自分の車のを売却することであり、売る前に引取り価格を決定するための値踏みがおこなわれます。

査定をしてもらうケースで気になるのがリサイクル料となります。ユーズドカー鑑定で提示される金額としてはその自動車そのものの価格、自分のクルマのについてくるリサイクル料とか自賠責保険等を含めた金額の2種類がありますございます。「リサイクル料」は愛車を入手した際、またはリサイクル料が未納のケースでは車検の時支払いとなるもので、後にくるまを廃車として解体するさいに必要なエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等をリサイクルするときの料金という名目で使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、処分する場合にJARSから支払われるということになります。

費用は、軽自動車なら約8千円、国産車だと10000円くらい、外国製自動車等で15000円位、それ以外で20000円程を納める必要性が有ります。たいがいのユースドカー買い取りだと、そういった「リサイクル料」を自分のくるまのの買取り金額とは他のものとして買取られるというような事となるわけですが、リサイクル料を含んで引受値段だという場合も有り、引き受けを希望という場合は確認しておくということが大事です。