Home » マイカー 鑑定 » お待ちかね、車買取、そしてリサイクル料について思うこと

お待ちかね、車買取、そしてリサイクル料について思うこと

自分のくるまのを売却するときの手続きというと下取、そして買取の2つが御座います。下取りのケースは新しいくるまを購入する際一緒にこれ迄の自動車を引き取ってもらうというものです。大体は販売店が買取を行うため値段はどちらかというと低目に見られるケースが多いです。

もう一方の買い取りの場合にはユーズドカー買取専業店がやっているもので、ユーズドカーとして売る事を前提として引受の額を決めるため、わりと高プライスの買取が期待できるでしょう。何れにしても自動車を売却する事であり、売る前に引受金額を決定するための鑑定が行われます。

鑑定をおこなうケースで気に掛かるのはリサイクル料となります。自家用車審査で示される値段としてはそのマイカー本体の額、中古車についてくるリサイクル料や自賠責保険等入れた価格の2種類があります存在します。リサイクル料に関してはお車を買った場合、又はリサイクル料が未払いだった場合には車検の時に支払われるもので、将来、車を廃車にして解体処分する時必要なシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などリサイクルするときの料金という名目で使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、壊してしまう場合に自動車リサイクルシステムから支払われることになります。

料金はだいたい、軽で8千円位、国産車だと1万円くらい、輸入車等で1万5千円ほど、それ以外で2万円ぐらいを入金する必要性が御座います。大体の自家用車引受の場合、そうしたリサイクルの代金をユーズドカーの引取り額とは他として引き取りされるということとなるわけですが、リサイクル料金を含めて評定金額となってる場合も有り、引受けを依頼するケースで前もって確認しておくということが大事なこととなります。