Home » マイカー 鑑定 » お待ちかね、中古車の査定ってどうでしょう

お待ちかね、中古車の査定ってどうでしょう

中古自動車の下取りや買取の際には最初に査定をやります。この査定とはユーザーから下取・買取時にきちんとした評価を下す為の下調べであり、そのためにはいろいろな方から理解されさらに了解された手順でないと良くありません。

なのですが、消費者側からすると審査がどんな具合にやられているのか正確には把握していなかったり、フェアな手続きで行われてるかどうかはどうしても確認することが出来ないものですよね。そうはいっても見積の方は愛車の価格を確定させる決め手となるプロセスですので、考え方やその方法に様々なものがあると社会が混乱する要因にもなってしまうわけです。

そのようなパニック状態を発生させない為にも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関が設立され、中古自動車査定制度を打ち立てているのです。「日本自動車査定協会」というのはキチンとした見積が行き渡るように機能している機関であり、我々が不安なく車を審査に出すことができ、そのうえで喜べるような結果になるようなシステムを構築する動きをしています。

実際の中身としては、例を挙げるとしっかりした査定士を増やす為の検定を実施しており、査定協会がおこなっている学科及びスキル研修を受けてもらい、その後査定士技能検定試験に成功することで一定のスキルを保有する査定士としての資格が与えてもらえます。更に査定士として活動するためには協会への登録が必要になり、しっかりとした基礎的なものや義務でもって消費者の愛車の評定を行います。

要するにきちんとした査定を行う為の資格を保有する人が評定を行いますので、客側もリラックスして買取とか下取に持っていくことが可能となるわけです。