Home » マイカー 鑑定 » あの車見積りと必要書類のことを考えてみた

あの車見積りと必要書類のことを考えてみた

お車を売り払いたい時のやり方には下取や買取といった種類がございます。下取りは次の自分の車を買った場合には、今迄のクルマを買い取っていただくというものです。その中古車がドライブが問題ない自動車であるならば価格が付くわけですが、古いクルマだった場合には逆に処分の為のお金を必要とされる事だってあり得ます。

下取に関しては、専門業者が買取りする訳じゃないので、高い金額での買い取りは期待できませんが、おニューの自動車と入れ違いで乗り換えすることが可能なメリットがあります。一方で買い取りですと、それ専門のくるま買取ショップに依頼して買取って頂くといったものです。やり取りが分かりづらいといったよくない点もあるわけですが、引き取られた自家用車は中古車として流通するのがそもそも決まっておりますので、思った以上に高プライスでの売渡が望めるはずです。

下取であっても買取であっても売り払う際は必要書類をまず準備することが必要です。必要書類としては車検証の原本や車の納税証明、リサイクル券、自賠責保険証があります。更に実印や印鑑証明と、住民票といったものも必要となります。

手続きの時には譲渡証明書や委任状等も使用するかと思いますが、それらは買取専業店にて用意してくれます。買い取りを望む側としては、車検証、納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証、実印と住民票あとは印鑑証明書を用意しておきましょう。鑑定の際もそれらが確認されるので、無くした際にはまた発行する必要があります。

万一無くした場合でも値踏みだけを受けることが出来るのですが、その場で買取りは出来ないので査定金額に何か影響が出るかもしれません。