Home » マイカー 鑑定 » あの中古車売買のことを考えてみた

あの中古車売買のことを考えてみた

中古車の買い受けの際はまず先に車の査定を行います。その型式や年式とでベースとなる標準時のプライスの目安を把握します。それよりさらに印象が良くなければ、査定金額を減らすといった順番で行われていくことでしょう。

通常時のプライスについては買取業者側で基本となる金額というものを所有しています。コチラについては業者間だけで流通しているもので、その額面は車種と年式から記されているものです。とはいっても、この金額はあくまでも標準的なものであり、それ以上でも以下でもありません。それに加え、その値段よりもより高く買い取って貰えたり、もしくは安い値段で売る羽目になったりするケースも当然のようにあり得ます。

買取店側からすると出来るだけ低い金額で買い取りたいので、業者にもよりますが基礎的な買い受けできる額を差し出したうえで、それ以上に安値の方へと話をつなげようとします。こちらの気持ちとしては少しでもいい条件で売渡したいので、ここでの交渉では強気に攻めていくのがイイですよ。あるいは、売却に関しての額面が譲り合えなかった時などは保留とし、そこで話をストップしておきます。そのあと違う買取業者と駆け引きをやっていくのです。

仮にそこで価格がより高値が付いて不満がないなら、前の業者とのやり取りは終了となっても気にしなくて良いです。言ってしまえば、売ろうとしている側が満足がいくように話し合いを進めていけば良いというわけです。何があっても回避したい状況は、焦って売却金額を決めてしまって、後々悔いるということです。値段については限りなく強気な交渉した方が後悔しないはずです。